本庄市の近代化遺産

旧本庄警察署(埼玉県指定文化財)

旧本庄警察署

明治16年(1883)に本庄警察署として建設された本庄地域で最初の洋風建築です。コリント式の柱や半円窓の設置などモダンな設計がされている。現在は市立歴史民俗資料館になっている。

諸井家住宅(埼玉県指定文化財)

諸井家住宅

諸井泉衛が、明治13年頃に建築。木造二階建て漆屋造りで、屋根は切妻桟瓦葺き、正面の洋風モチーフのベランダや色ガラスのアーチ窓など随所に洋風様式を取り入れている。

競進社模範蚕室(埼玉県指定文化財)

競進社模範蚕室

競進社社長木村九蔵が自ら考案した「一派温暖育」に適した蚕室として設計し、明治27年に児玉の伝習所内に建設した。競進社流の養蚕飼育法のモデル蚕室として模範蚕室と呼ばれた。

旧本庄商業銀行倉庫(国登録有形文化財)

旧本庄商業銀行倉庫

明治27年頃、本庄商業銀行の繭・絹糸保管倉庫として建築された。煉瓦造り2階建て寄棟造り。現在はローヤル洋菓子店として利用されている。

間瀬堰堤(国登録有形文化財)

間瀬堰堤(国登録有形文化財)

昭和12年に児玉用水の間瀬貯水池の堰堤として建設された。東日本最古の農業用の重力式コンクリートダムで、堰堤の高さ27.5m、堤長126m。埼玉県で最初の本格的な重力式ダム。

間瀬堰堤管理橋(国登録有形文化財)

間瀬堰堤管理橋

間瀬堰堤の下流部に設けられた頭首口に架けられた管理橋。鉄筋コンクリート造り桁橋。昭和13年の建築。橋長9.5m、幅員2.0m。

仲町郵便局(国登録有形文化財)

仲町郵便局

明治5年にスタートした本庄郵便局の二代目の局舎。昭和9年に建築。切妻桟瓦葺き木造二階建てで、表面に煉瓦色のタイルを貼っている。看板風の建物。

旧児玉町水道配水塔(国登録有形文化財)

旧児玉町水道配水塔

児玉水道事業の施設として昭和6年に建設された。鉄筋コンクリート造モルタル塗りで、避雷針の付いた小ドームが塔の先端につく。高さ17.5m。塔の上部に容量130㎥の筒型の水槽が乗り、下部はポンプ室になっている。市街地5000人に飲料水を供給した。

寺坂橋

寺坂橋

現在使用されている道路橋として埼玉県最古の石造アーチ橋。旧伊勢崎道の元小山川に架かる。明治22年の築造で、橋長7.58m、幅員3m。

賀美橋

賀美橋

大正15年、伊勢崎新道の開削で架設された。橋長6.28m。幅員は車道部で8.65m。橋の装飾に特徴がある。家型の親柱にはガラス製の柱燈があった。高欄には半円形の装飾がある

滝岡橋

滝岡橋

本庄市堀田と深谷市岡の境界をなす小山川に架かる橋で、旧中山道が小山川を渡る地点に昭和3年に架橋された。橋のある滝瀬と岡の地名を取って滝岡橋と名づけられた。滝岡橋は鋼桁橋で橋長147.47m、幅員7mの規模で、親柱・欄干・橋台の要所に花崗岩を用いた意匠が凝らされている。特に親柱は直径1mの円筒形で、上部に窓があり、以前は中に電灯が組み込まれていた。