会頭あいさつ

会頭

皆さまこんにちは。歴史と伝統有る、本庄商工会議所第11代の会頭に就任いたしました、狩野輝昭でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

私は、36歳でIT企業の自社㈱グローバルソフトウェアを立上げ、30年間社長を務め、現在は会長職を務めております。今までは自分の会社のことを中心に考えていれば良かったのですが、この度、本庄商工会議所会頭という重職を担うことになり、これからは会員の皆様の復興・復活・発展のために、会員の皆様と一緒に考え、一緒に行動するよう、努力いたします。

真下恵司前会頭、髙橋福八名誉会頭の下で10数年間、副会頭を務めさせて頂きました。特に長い間、ご指導いただきました髙橋名誉会頭には、大変勉強をさせてもらいました。人生訓やら、アイデア、健康の秘訣など。

この度の、会頭就任に当たりましても、髙橋名誉会頭から助言、激励の言葉をいただき、決心いたしました。これらの助言を参考にし、力にし、必ずや、会員の皆様のためになる施策を行いたいと思います。

私も再度、創業時代の気持ちに立ち戻り、会員の皆様と共に考え、会員の皆様と共に行動をしていきます。

地域の創生は、何といっても歴史と伝統有る本庄市の商工業者が復興・復活することが、真の本庄商工会議所の発展・地域の発展に繋がるものと確信しております。

「創業者支援」・「新サービスの開発・検討」・「企業同士のビジネスマッチング」など、本庄市内の商工業者のため、やらなければならない事が沢山有ります。

具体的な行動や施策はこれから、追々発表させていただきます。微力では有りますが、会員の皆様と共に考えながら、一歩一歩着実に進めていければと思っております。会員の皆様のご協力を心よりお願い申し上げ、会頭就任のご挨拶とさせていただきます。

最後に、真下前会頭の夢で有りました、「はにぽん日本一」に向けて投票が始まりました。本庄市民の心を一つにして頑張りましょう。是非、一日1回の投票にご協力をよろしくお願いします。


本庄商工会議所
会頭 狩野輝昭